Sinfonia Dramatique

サンフォニア・ドラマティーク、劇響って呼んでね♪

第2回演奏会終了しました!

2017/10/02 03:37 [Mon]
第2回演奏会、1週間前になりますが無事終了いたしました!

前回の『白鳥の湖』の演奏会当日は朝から大雨に祟られましたが、今回は天気に恵まれ、前回より8割増しのお客様にご来場いただきました。

足をお運びいただいたお客様、本当にありがとうございました!!!

とは言え、まだまだ、タワーホールの750席を満席にすることが目標でしたので、もっと・・・頑張らないと・・・次は1477席のアプリコ大ホール・・・。

客席

今回も熱く劇的で濃厚な演奏をお届けできたかと思います。

ステージ上は空調が効かないと宣言され、『フランチェスカ・ダ・リミニ』の演奏時は文字通りステージ上の気温が灼炎となり、奏者にとって大変過酷な状況でありました。その状況が地獄の表現に迫力を添えたかもしれません。(笑)
演奏中意識なくなるかと思った(^^;)。みんなよく命がけの全力クレッシェンドかけたよな。
「台風みたいな曲」とアンケートに書いてくれた小学生のお客様、イメージ概ね伝わってます。ありがとう~!

演奏会も第2回とあって、佐藤雄一氏の求める表現を理解している奏者が増え、劇的度数に磨きがかかり、『スラヴ行進曲』の演奏時間15分に驚くなかれ、どういうことになったかというと、

チャイコフスキーの交響曲第4番の演奏に65分を要しました。


リハーサルで60分かかることはわかっていたのですが、本番でさらに5分伸びました(笑)
そんな長大な曲だったっけ・・・?

別に遅さでギネスを狙っているわけではなく、佐藤先生率いる劇響の音楽をやってみたらこうなったと・・・。

アンケートの中には、「遅さを受け入れられない」というご意見ももちろん複数ありました。
しかし、大半のお客様は好意的に受け取ってくださり、

「だから劇響という名前なんだ!納得!」

という嬉しいご意見も。

賛否両論はありがたいこと!これが劇響の音楽だ!

センセーショナルなのは願ったり。

『白鳥の湖』演奏時にも感じましたが、佐藤先生の音楽のテンポやダイナミクスのメリハリは、曲の内容や解釈の理に適ったものであり、迫力ももちろん、特に緩徐部分で先生の求める表現の深さや美しさは筆舌に尽くしがたいと思ってます。

聴こえないくらいのppからホールを揺らすようなfffまでのダイナミクス。
また、奏者にとってもスローなテンポを美しく聴かせるというのは難しいことです。
「できないからゆっくりなんだ!」と思われちゃ困りますもの。

リハーサル1

アンコールは第3回演奏会の予告も兼ねて、
『眠れる森の美女』第2幕より「パノラマ」を演奏いたしました。

オーロラ姫の幻影に恋した王子を、リラの精が真珠貝の小舟に乗せ、姫が眠る森の奥へと小川を案内して進んでいくという、静かで希望に満ちた曲。
次回へのご案内として最適と思い、選びました。

次回もご来場お待ちしております。

花束

劇響では毎回、演奏に参加していただいた皆様に記念グッズをお渡ししています。
第1回は缶バッジでしたが、今回はマグネット(オレンジと青の2個組)。
職場のホワイトボードやご家庭の冷蔵庫に・・・。

マグネット
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

gekikyo

Author:gekikyo


指揮者の佐藤雄一氏のもと、『白鳥の湖』原典版全曲演奏を目的に集まった76名で結成したアマチュア・オーケストラ。単発と思っていましたがすでに第3回演奏会『眠れる森の美女』全曲演奏に向け始動。年2回ペースでずーっと続くようで、3年先くらいまで曲の候補が出揃っている状態。

そして【劇響】のバレエ音楽には”抜粋”の概念は無い!やるなら全曲。

そして大変個性的な佐藤先生成分100%の音楽を聴いてみたい!が、目標。


【劇響webはコチラ】

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター