Sinfonia Dramatique

サンフォニア・ドラマティーク、劇響って呼んでね♪

全曲通し!

2017/03/19 01:10 [Sun]
全18回の練習も、本日で第13回。

ここまで全曲を2周とちょっと練習したところで、中間確認のため全曲通しにチャレンジ!

当日は12:15と早い開演になりますが、予定時間内に納まるかのチェックでもあります。

第1幕60分
第2幕40分
第3幕60分
第4幕20分

・・・で、予定通り納まりそうでタイムスケジュール的にはひと安心!

だけど・・・長時間に及ぶ上に、普通にオケピで演奏するよりも数段濃厚な内容、集中力を切らさず演奏し続けるのは本当に大変!

問題点多数ですが、練習はあと5回あります。
もう1周じっくり練習できますので、ありゃ!と思ったところは修正して行きましょう~。


『白鳥の湖』といえば、オーボエのメロディの代表といえる有名すぎる『情景』、全曲の中にはこのオーボエソロが1幕と2幕だけで3回現われます。

1幕のラスト、2幕の冒頭、2幕のラスト。
3回とも、演奏のニュアンスが異なります。
1幕のラストバージョンがいちばんドラマティックで好きです♪

組曲版で演奏する際には(組曲版『情景』は2幕冒頭バージョンです)、大抵最初に演奏するのでスタミナは満タン状態であまり問題なく吹けますが、全曲版ではフォルティシモでハイトーンをスタカートでガツガツ吹いたあとのかなり疲労しきって口の筋肉がもはやコントロール不能!ってところで出てきます。

単独で吹いてもそこそこスタミナの必要な曲なので、これはホントに大変です。

私は3幕、4幕担当なので、このソロを吹くことはありませんが、1幕と2幕のソリストさん頑張れ~♪と、隣で応援しています。


0318_1

0318_2

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

gekikyo

Author:gekikyo


指揮者の佐藤雄一氏のもと、『白鳥の湖』原典版全曲演奏を目的に集まった76名で結成したアマチュア・オーケストラ。単発と思っていましたがすでに第3回演奏会『眠れる森の美女』全曲演奏に向け始動。年2回ペースでずーっと続くようで、3年先くらいまで曲の候補が出揃っている状態。

そして【劇響】のバレエ音楽には”抜粋”の概念は無い!やるなら全曲。

そして大変個性的な佐藤先生成分100%の音楽を聴いてみたい!が、目標。


【劇響webはコチラ】

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター